ビットコインの大暴落で大きな損失を出している方の救世主となるか? ご登録は↑はこちら。(登録は無料)人に紹介するだけでもOK詳細はこちらから
 

ブロックチェーンの技術が様々な産業で活用されるようになる時代が来ます。

 

ブロックチェーンは、分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かず、信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

 

ビットコインは、10分おきにひとつのブロックをつくっていき、それが新しいものに上書きされていきます。

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで壊すことができないネットワークを作る技術となっています。

インターネットの仕組みとも共通する仕組みです。


そしてその分散型のネットワークを認証システムにすることで、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができるわけです。

 

そこには、既存の自国通貨などに対する不信感があります。戦後日本は、裕福になりましたが、現在では、その円を銀行にあずけても、ほとんど増えません。特に国が規制を強めているのは、中国の元です。


さて、分散型システムを止めようとしても、現実的には不可能です。
全世界の機械類が同時に破壊されてしまうほどの大規模な災害でも起こらない限り。それこそ、地球が破壊されるぐらいの災害でないと、
なぜなら、データを保持する全てのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することができるからです。

 


だからこそ、ブロックチェーンは様々な産業、技術で応用が効き世界を変えるものだと言われているのです。

 

しかも、復旧は結構すぐにかもしれません。技術の進歩は目覚ましいです。

 

なぜなら、ブロックチェーンを使うようになれば、私たちの生活がより便利に、効率的になるからです。

 

ただ、今まで既得権益者にとっては、がっちりともっていた利権を失う障害になりますので、そこが大きな壁になる可能性はあります。

 

しかし、インターネットの普及もそうでしたが、すったもんだあったとしても、最終的に、利便性の高いものは生き残り、爆発的に広まっていきます。

 

インターネットが広まったとき、私はちょうど大学生でした(今から18年くらい前・・( *´艸`))

 

そのころは、インターネットにつなぐにも、電話回線のダイヤルインでした。それが、今ではスマホになり、インターネット接続も容易になり、なくてはならないものになりました。

 

社会にインパクトを与える出来事も、復旧には10年くらいはかかるのではないでしょうか。

 

ビットコインが世界で価値をもったのは、2010年5月 。ピザ2枚と交換され、世界で初めてビットコイン決済が行われました。それから、約7年たちました。もう復旧まで時間の問題ですね。

 

ブロックチェーンが実社会にどのような影響をあたえるのか?

 

 銀行送金

現在、年間の国際送金額は全世界で100兆円を超えると言われています。このうち、両替手数料等を含めると、7%程度はコストと言われています。そう、7000億円を仲介している金融機関がとっているのです。それで、設けているわけですね。

 

私も先日、銀行経由で海外送金しましたが、約6万円送るのに、約2500円かかりました。

高いです。。。。

 

ブロックチェーンの技術では、このコストを限りなく抑えることが可能になります。しかも、銀行送金よりもはるかに速いスピードで。

 

そこには、国の違いは関係ありません。ビットコインの財布をお互いが持っていれば、すぐに実行できます。

 

この銀行送金に対抗するようにでてきたのが、MUFGコインなどをはじめとする、銀行が提供するコインです。銀行もこのままでは、既得権が奪われてしまうということで、やっきになりますよね。もちろん、みずほ銀行も同様。日本円よりも仮想通貨をほしがる人が増える可能性はこれから大きいです。そうすれば、銀行の役割は縮小していきますよね。

MUFGコインについては、⇒「仮想通貨まとめ」さんのサイトに分かりやすく記載あります。

 

 株式取引

株式を売買し、その利益を自分の金融口座に入出金するまでに数日の時間がかかります。高い手数料もし払った上で、おかしいと思いませんか?

 

ブロックチェーンの技術を活用すれば、数分で処理が終わります。時間の節約ですね。

 

登記

なぜ登記には様々なコストがかかり、書類が必要なのか?それは、多くの人が介在しているからです。これを、ブロックチェーンの技術を応用するとで、一切紙も必要なく、コスト自体をゼロに近づける事ができます。

ブロックチェーン上で登記のやり取りが完結するのです。売買の記録をブロックチェーン上においておけば、改ざんすることは不可能です。

 

特許・著作権管理

ブロックチェーンを使えば、特許や著作権の管理、申請についても殆どウェブでのやり取りで完結出来ます。

今まで、当たり前にかかっていた時間、コストがブロックチェーン技術が広まることで、大きなコストカットになります。それは、私たちの生活に大きな利便性をもたらしてくれることです。

 

一度、ビットコイン送金を個人間でやってみてください。その利便性に、衝撃を受けられると思います。

しかも、スマホ一台でそれが数分で完結してしまうのですから(^◇^)