2018年1月現在、アルトコインは日本国内の仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)で、一番多く取り 扱っています。

 

なので、アルトコインを購入するのに困ることはあまりないのではないでしょうか。

 

ただ、多くの情報が流れてくる今、コインチェック以外で紹介されているアルトコインも購入したい!と思われる方もいらっしゃると思います。

 

ただ、海外取引所で購入できるみたいだけど、英語もわからないしどうしたら、、。

 

という方たちもいらっしゃると思いますし、敷居がどうしても高いですよね

 

しかも、国内でも紹介されることが多いポロニエックスは、最近ハッキング受けたり、送金トラブルがあり大変だとか、、。

【Poloniex(ポロニエックス)】トラブル多発で危険大!!

じゃあ、ポロニエックスではなくて、Bittrex(ビットレックス)で開設しよう!もちろんいいと思いますが、やはり英語なので、どうしても迷いがでてしまいますよね。

仮想通貨取引所「Bittrex(ビットレックス)」とは?

 

そこで、海外通貨の日本語対応サイトをご紹介します!参考にしてくださいね。

紹介するサイトは2つあります。

 Binance(バイナンス) メリット

・手数料が0.5%と業界最安クラス

・急成長中(取引高世界1にも)

 KuCoin(クーコイン)

バイナンス新規登録がしにくい状況ですので、穴場のコインを探したい方には、代替取引所になりそう。

メリット

・手数料が0.5%と業界最安クラス

・バイナンスにもビットレックスにも上場していないコインもあり

 BITPLUS+(ビットプラス)

まもなくオープン

メリット

・完全日本語対応

・コインシグナル配信予定

 

2018年はビットコイン枚数を増やそう(^◇^)

2017年は、仮想通貨元年でした。最近、ビットフライヤーや、コインチェックのCMもテレビで見られるようになってきて、新聞などでもビットコインのことをよく見るようになりました。

ただ、まだまだビットコインっていったい何??て多くの人が興味も持っていないと思います。

 

2018年は、ビットコインが多くの人に知られて、もっと広まっていくことと思います。

そうすると、ビットコインを買ってみようという人も多くなると思います。

 

需要が増えれば、値段も上がっていきますよね。

リップルも2017年末に大きく上昇しました。まだまだ、仮想通貨にはチャンスが広がっています。

次にご紹介する仮想通貨取引所には、たくさんのアルトコインが売られています。

 

これをトレードしていけば、2018年は大きくビットコイン枚数を増やしていけると思います。

 

詳しくは、こちらでその方法をご紹介していますので、ご興味のある方は参考にしてください(^^♪

 

2017年12月から、この方法で取引を始めましたが着々とビットコイン数が増えてます。

日本語対応 Binance(バイナンス)登録と利点、使い方 - ビットコインを増やす方法

 

前提

まずは、この仮想通貨取引所でアルトコイン等を購入するにも、日本円をビットコインに変えておいた方が、スムーズです。

口座開設して、取引できるようになるには、数日必要ですので、あらかじめ準備されることをおすすめします。

日本の仮想通貨取引所である「コインチェック」で、準備しておきましょう。

⇒まだ、コインチェックで口座開設をお済でない方は、こちら
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

これから、暗号通貨市場はどんどん拡大発展していくことが予想されています。

2017年8月 0.8%の人が保有

2018年4月 2%予想

2018年8月 3%予想

と暗号通貨を保有する人が増えていくとのこと。でもまだまだ、来年の夏でさえ3%です。

今持っているひとは、すごく先進的だといえますね。

 

2016年7月 暗号通貨市場時価総額 1兆円

2017年8月 18兆円

2018年予想 200兆円になる見込み

 

ますます、拡大が見込まれますね~(^^♪。

 

ビットコイン投資で資産を増やしていきたいなら海外仮想通貨取引所で

日本の仮想通貨取引所は、大手の海外仮想通貨取引所からコインを購入したうえに手数料を加えていますので、そもそもコインの値段が高い。ビットコインだけなら、どの取引所でも差はありませんが、それ以外のアルトコインになると、価格差が生じてきます。

 

もし、ビットコインの投資以外にも、アルトコインも購入したいというなら、一度海外仮想通貨取引所を健闘されると良いかもしれません。日本の仮想通貨取引所では、取引回数が増えるほど、多くの手数料を取られて、その分利益が少なくなりますから(-_-;)

 

日本語対応で、手数料も格安のBinance(バイナンス)

 

日本語にも対応している海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のことについて、良い点を交えてご紹介します!

 

Binanceは、BinaryとFinanceを合わせた造語のようです。

取引所の国 香港
創業者 チャオ・チャンコン(中国大手仮想通貨取引所であるOKCoinの元共同創業者)
設立年月 2017年7月

 

Binance(バイナンス)の登録はこちらから → 

 

メリット1 Binance(バイナンス)は、サイトが日本語対応していて初心者には扱いやすい

海外仮想通貨取引所にも関わらず、Binance(バイナンス)は日本語にも対応したサイトで、すべて英語表記のビットレックスなどに比べて非常に敷居が低いです。そのため、日本国内ユーザーも増えているとか(^^♪

海外仮想通貨取引所を初めて使う方にも安心ですね。ただし、サポートは、まだ日本語対応しておりません。

 

 

メリット2 海外仮想通貨取引所大手のbittrexでも取り扱いをしていない暗号通貨を購入可能

例えば、コインマーケットキャップにおいて、流通額で急成長中のIOTAですが、現在ビットレックス(bittrex)では取り扱いありませんが、このBinance(バイナンス)でなら購入可能です(^^♪。ここでしか購入することができないコインもありますので、ビットレックス(bittrex)との併用でさらに取り扱いコインの種類を増やすことが可能ですよ。現在、取り扱いコインは、79種類(2017年12現在)

さらに、新規上場通貨を投票で決めるという、ユーザーに優しい??企画もあり。

 

ただ、ビットレックスの取り扱い通貨は200を超えていますので、まだまだこれから増えていくことを期待(^^♪

 

メリット3 Binance(バイナンス)は手数料が安くて、アルトコイン購入に最適

大手のビットレックスの購入手数料は、0.25%で日本の仮想通貨取引所と比べれば十分安いですが、これがバイナンスでは、0.1%とさらに安い金額となります!しかも、バイナンスコイン(BNB)を使えば、さらに0.5%になるとのこと。そうすると4分の1ですね。すごい!

なので、バイナンスで取り扱っているコインは、ビットレックス(bittrex)ではなく、バイナンス(binance)で購入したほうがお安く購入できる可能性がありますので、使い分けをしてみましょう(^◇^)

 

メリット4 Binance(バイナンス)は取扱う通貨ペアが多い

基本的には、アルトコインはビットコインでのみ購入することが可能ですが、Binance(バイナンス)は、多数の通貨ペアを取り扱っています(2017年12月中旬現在191ペア)。

ビットコイン、イーサリアム、BNB、USDTです。

ビットコインは、もう違うコインを買ってしまってないけど、イーサリアムならある!という方などは、通貨ペアが多いことは助かりますよね~。

現在の通貨ペア数などは、coinmarketcapにてご確認くださいね(^◇^)

 

 

メリット5 Binance(バイナンス)のスマホアプリがある

仮想通貨を取引するにあたり、やはりスマホアプリはとっても便利。日本の仮想通貨取引所の大手、ビットフライヤーやコインチェックはもちろんアプリありますよね。

Binance(バイナンス)は公式のスマホアプリもあります。ただし、日本語対応はしておりません。ただ、ビットレックスなどは正式なアプリがない分、使い勝手はよいですよ。

 

※ただし、IOSのアプリは一時中止しているようです。検索しても引っかかりません。残念。

 

メリット6 Binance(バイナンス)は、ビットコインからハードフォークされるフォークコインが手に入る可能性大

ビットコインを口座に入れておけば、ビットコインゴールド(BCG)やビットコインダイヤモンド(BCD)が付与されたように、これからビットコインのハードフォークで誕生する、新しいコインが手に入る可能性が高いんです。これはいいですよね~。ビットコインキャッシュなんて、いま1BCC20万円ンに迫る勢いですし、しっかりとコインをもらっておけば、それだけでも大きな恩恵となる可能性はありますよね。

なんといっても、ビットコインダイヤモンドは、日本の取引所では、まだ声明文もでておらず。今後付与されるかも不透明です。

 

メリット7 Binance(バイナンス)は、仮想通貨取引所として取引高が多く急成長中(2018年1月で世界第2位)

事業開始約1ヶ月で、グローバル取引量トップ10に入り 仮想通貨取引所の取引量のチェックはこちらから(https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/)

 

バイナンスは、2017年12月に取引高が1位になったこともあるほど、急成長中。世界でも注目されています。

2018年1月、ビットレックスは、世界第4位。Binance(バイナンス)は、世界第2位。

 

ただ、2017年12月の取引量で、日本の大手と比べてみると、コインチェックの約2.7倍。ビットフライヤーの6.7倍です!世界は広い(;´・ω・)

 

登録方法は、こちらを参考としてください。

日本語対応 仮想通貨取引所 Binance(バイナンス)の登録方法と使い方

日本語対応で、第2のバイナンスともいわれるKucoin(クーコイン)

メリット1 Kucoin(クーコイン)は、サイトが日本語対応していて初心者には扱いやすい

Binance(バイナンス)もそうですが、日本語対応している海外仮想通貨取引所になります。サイトも非常にシンプルで見やすい。

開設されたのは、2017年9月なので、バイナンスの2か月あとぐらいですね。

メリット2 海外仮想通貨取引所大手のbittrexでも取り扱いをしていない暗号通貨を購入可能

アメリカの仮想通貨取引所ビットレックス(bittrex)がおよそ200通貨、バイナンスが80通貨ありますが、クーコインでは、さらにこの2取引所では扱っていないアルトコインが多数あります。

しかも、注目を集めているコインも多数。草コイン収集家にはいいですよね~。

この後紹介しているブロックチェーンラボが注目しているSelfkeyがICO直後に上場したことでも話題に、

仮想通貨取引所は、ひとつにまとめるのは非常に危険です。ですので、ちょっと面倒くさいですけど、複数の取引所で保有することがリスク回避につながります(^^♪

 

メリット3 Kucoin(クーコイン)は手数料が安くて、アルトコイン購入に最適

大手のビットレックスの購入手数料は、0.25%で日本の仮想通貨取引所と比べれば十分安いですが、クーコインは、バイナンスと同じ0.1%と業界最安値クラスです!

バイナンスのように、取引手数料が0.5%まで安くはなりませんが、独自コインKCSの保有量で少し安くはなるようです。ただ、そもそも0.1%は非常に安いので、それが0.5%になってもそれほど大きな手数料でもありません。

メリット4 Kucoin(クーコイン)は取扱う通貨ペアが多い

 

アルトコイントレードには、ビットコイン(BTC)だけではなく、次の通貨でも購入可能です。

現在の通貨ペア数などは、coinmarketcapにてご確認くださいね(^◇^)

現在、ビットコインは送金手数料は高いし、時間がかかるので、ビットコインキャッシュで購入できるというのはいいですね。

メリット5 Kucoin独自トークン「KCS」は魅力的

kucoinの独自トークン「KCS」は、持っているだけで取引所の手数料収入等を毎日配分してくれる特典付き。kucoinが盛り上がって来れば、徐々にこのトークンも値上がりが期待されますね。

このKCSすでに非常に大きく上げておりますが、まだまだ盛り上がりを考えるとこれから上昇してもおかしくはありませんね。

 

クーコイン登録はこちらから

 

完全日本語対応 海外仮想通貨取引所「BITPLUS+(ビットプラス)」(まもなくオープン)

日本語対応でアルトコインを購入できるサイトがオープンします。

その取引所の名前は、「BITPLUS+」です(^^♪

 

概要

このBIT PLUS+を開設するのは、ブロックチェーンラボ社という会社。

現在、ブロックチェーンラボは、世界中の暗号通貨・ブロックチェーン技術、ICOなどの情報を発信し、暗号通貨のトップアナリストたちが各暗号通貨やブロックチェーン技術などを様々な角度から分析・検証し、旬な情報を提供しています。

ホームページを見ていただければわかりますが、現在日本でもセミナーを数多く開催し、ブロックチェーンの最先端の情報発信をされています。

→是非、ホームページをご覧ください(^^♪ 多くの有能なアルトコインのトップたちとの会談が数多くアップされていますので、ニュースを読むだけでも、この先のブロックチェーン技術の未来の一端が見えますよ。

私が教えていただいたのは、今から6年ほど前から日本で仮想通貨の講演をずっと続けられているという、ブロックチェーンラボのチャーリーさん(日本の方)。

その当時は、仮想通貨の講演会をしていて、よく馬鹿にされたんですって、「仮想通貨なんて値段が上がるわけがないっ」て、、たしかに、マウントゴックスの一件があって、さらに仮想通貨の信用が下がり、多くの方は、仮想通貨=危険なこと、と認識されていると思います。

ただ、日本でも仮想通貨決済法が施行され、仮想通貨が正式に決済手段として認められたことで、お国のお墨付きをもらえたわけです(^◇^)

ビットコインを導入する企業(ビックカメラなど)も出てきましたし、これから爆発的に増えていくことが予想されます。

 

ただ、規制が入るということは、メリットもあれば、デメリットもあるということです。

登録された業者が販売するコインは、「日本」の仮想通貨業界からは、比較的安全だと思われるコインになりますが、果たしてそうでしょうか。

9月末の仮想通貨交換業者登録についてはこちら

 

必ず、投資は自己責任。

登録されたからと言って、将来的に安心だとは言いきれないはずです。

 

現在は1000以上あるアルトコインですが、日本と同じように、また最近では中国や韓国のようにICOの規制を打ち出す国もあるくらいですから、徐々にコインの取り扱い種類も減っていくことが予想されます。

ただ、まだそれは先のことだと思いますが、、。

 

だからこそ、今のうちに値上がり可能性のあるアルトコインをしっかりと購入して、値上がり益もらって、撤退する(^^♪という方法をとりましょう!

 

そこで、我々日本人にとっては、非常にうれしい日本語で対応してくれる海外の仮想通貨取引所がまもなくオープンするんです。もちろん、お問い合わせも、日本語~!(^^)!

 

海外取引所を使うときに、ネックになるのが、やっぱり困ったときに問い合わせしたくても、英語で聞かなきゃいけないこと、、。これは、非常に大きなリスクですよね。

 

アルトコインを多数取り扱う 日本語対応仮想通貨取引所の利点とは

それでは、近日オープンする仮想通貨取引所を使うメリットをいくつか、あげさせていただきたいと思います。

 

メリット1 海外取引所なのに日本語に対応

これが最大のメリットではないでしょうか。海外サイトであるのに、日本語対応ということは、さすがに日本の方が立ち上げるサイト。お問い合わせも日本語対応~(#^.^#)

 

メリット2 将来的に非常に多くのアルトコインを取り扱う予定

これも、非常に重要ですよね。立ち上げ当初は、5つの仮想通貨ではじまるようですが、最終的には数十種類のアルトコインを取り扱う予定だそうです。

もちろん、口座管理手数料はかかりません( *´艸`)

取り扱う予定のコイン

ビットコイン、

ビットコインキャッシュ(BCH、bitcoin Cash):https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin-cash/

イーサリアム(ETH、Ethereum):https://coinmarketcap.com/currencies/ethereum/

エイダ(ADA、Cardano):https://coinmarketcap.com/currencies/cardano/

アーダー(ARDR、Arodr):https://coinmarketcap.com/currencies/ardor/

CTCトークン

 

メリット3 アルトコインの購入手数料が安い

現在日本国内のコインチェックにおいて、アルトコインを購入しようとすると、0.5%~5%ほどの購入手数料がかかるようです。(明らかにされていないので、正直なところの詳細はわかりませんが、海外サイトで購入するよりは、明らかに割高なようです。

この取引所においては、売買手数料が0.25%とのことです。

例えば、1万円分購入すると、5%なら500円。0.25%なら25円。これは、金額が大きくなればなるほど、その差は開きますね。

(この売買手数料は、先ほどご紹介した海外仮想通貨取引所BITTRX(ビットレックス)と同じ手数料になります。)

 

メリット4 厳選されたアルトコインのみ販売されます

このサイトを立ち上げる方は、世界中の仮想通貨の開発者とつながりがある方で、多数のアルトコインの創業者とインタビューしています。トップとつながれば、情報はたくさん流れてきますよね。そりぁ( *´艸`)

 

例を挙げると、

①ロジャーバー氏(仮想通貨に多数の投資をしており、ナカモトサトシと同じくらい、仮想通貨業界では有名)

②ダーホンフェイ氏(中国国内最大 アルトコインNEO創業者)

③ドミニク・スキナー氏(アルトコインIOTA創業者)

④マックス・コーデックス氏(アルトコインLISK創業者)

 

これ以外の新たな仮想通貨業者とも毎日コンタクトをとり、インタビューや、情報収集をされているとのこと。

実際この方が、4月に紹介した8つの仮想通貨は、9月現在8倍に、5月に紹介したまた違う8つの仮想通貨は、5倍になりました。

その方が、厳選したアルトコインのみが販売されます。これは、信頼感が違います。

 

メリット5 ビットコインが使えるデビットカードも発行可能

増えたビットコインを使いたい!そんなときは、日本円に換金する手段がありますよね。でも、海外取引所のものを日本円に換金するには、ビットコインを日本の取引所に送って、それを売って、日本円で出金する必要があります。すごく手間ですよね。

それが、ビザ、もしくはマスターカード機能をもったデビットカードなら、お店ですぐに使えて出金の手間などありません

これは、楽ちんです(^^)/

 

メリット6 セキュリティもばっちり

仮想通貨取引所で大切なのは、やっぱりセキュリティですよね。これについても、しっかり対策がされているとのこと。

この仮想通貨取引所を作っている会社は、為替や商品先物取引で20年以上実績があり、金融システムも作っている会社です。暗号通貨のエキスパートと市場取引設計のエキスパートの共同開発ですね。

 

メリット7 アルトコインの価格情報が無料でもらえる!!(これはすごい)

アルトコインの価格情報が無料でもらえる。

これは以上に大きいことだと思います。

最近、仮想通貨の値上がり状況を教えます。でも、参加するには〇〇万円払ってください。みたいな案件多くないですか?私は、情報は得られるだけもらいますけど、お金は払いません。もったいないから、、。だって、例えば20万円払ってくださいといって、払ってしまえばその20万円は元手として使えなくなってしまいますから、、。

(例えば)元手が22万円の場合。

情報料20万円 → 元手2万円 投資して1.2倍 24,000円。

情報料 0円  → 元手22万円 投資して1.2倍 264,000円。

その差は、24万円!!

これは非常に大きいですよね。

 

ちなみに、私はその情報をもう「LINE」で受け取っていますが、情報は有料級です。間違いなく。

 

この方は、先ほど書きましたように、アルトコインのトップたちにインタビューをして、最新の情報を日々得ていますし、世界の大クジラ(クジラとは、暗号通貨市場に影響力のある人たちのことをいうそうです。)たちとつながり、そういった方たちのグループにも入っているとのこと。実際にインタビューを配信していますので、信頼感は高いですね。

 

⇒このことで、別記事を書きました参考としてください(^^♪

《超優良特典》有料級の情報が今なら無料でもらえる、仮想通貨取引所とは?

メリット8 紹介できる方がいたら、お得

この取引所を、自分以外の方(同居の家族はダメっぽいです。)を紹介した場合に、紹介した方の取引した分の手数料のちょっとが、ビットコインとして支払われるそうです(^^♪アフィリエイト報酬が入るわけですね。

 

是非、誰かに紹介してみましょう(^◇^)⇒ご紹介できる方は、どんどん紹介してくださいね。

もう登録可能です(^^♪

⇒登録はこちらから、https://m-affiliate.com/a/mm?c=2738e365ec654c1184858dc4677a5341d9ead697

 

メリット9 AIによる自動売買も予定されている

まだ詳しい内容は不明ですが、AIによる自動売買も予定されているということです。

楽しみですね。

 

あとは分かり次第、また追記していきますね~

 

ご興味を持たれた方は、こちらからご登録をどうぞ(^^♪

https://m-affiliate.com/a/mm?c=2738e365ec654c1184858dc4677a5341d9ead697

(現在、まだオープン前のため、取引所の画面は見ることができません。どなたかにご紹介したいなぁという方は申し込まれてくださいね(^◇^)、オープンしてからでも、大丈夫だと思います。また、画面などは追って、ご紹介していきますね。)