ビットコインの大暴落で大きな損失を出している方の救世主となるか? ご登録は↑はこちら。(登録は無料)人に紹介するだけでもOK詳細はこちらから
 

ビットコインを購入しよう!

そう考えたときに、どこの仮想通貨取引所を開設するのがよいか迷われると思います。

そこで、国内で仮想通貨取引をはじめるにあたり、2大仮想通貨取引所である

bitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)を比較してみたいと思います。

 

仮想通貨といっても、現在非常に多くの通貨が存在しますが、大きく分けると、ビットコインとビットコイン以外のアルトコインの2種類になります。

 

ビットコインはどの取引所でも取引をすることが可能です。

 

ただし、アルトコインについては、仮想通貨取引所によって取り扱いの種類が異なります。

 

アルトコインの取り扱い数で比較する

bitFlyer(ビットフライヤー) アルトコイン4種類

イーサリアム、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ

coincheck(コインチェック) アルトコイン12種類

Ethereum(イーサリアム)、Ethereum Classic (イーサリアムクラシック)、LISK(リスク)、Factom(ファクトム)、Monero(モネロ)、Augur(オーガー)、Ripple(リップル)、Zcash(ジーキャッシュ)、litecoin(ライトコイン)、Dash(ダッシュ)、NEM(ネム)、BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

以上のように、アルトコインの取り扱いの種類では、コインチェックが断然いいですよね。アルトコインの購入を検討している場合は、coincheck(コインチェック)がいいと思います。