どうも、ビットコイン愛好アラフォー女子(通称ビット女子こと)こぶたぶたです(*´▽`*)

毎日私のビットコインがどれだけ増えたか、もしくは減ってしまったかお伝えしています。
私がビットコインをはじめて買ったのが1月12日。
クレジットカードで購入したのですが、結構手数料とられましたが、
(できれば、銀行振り込みしてから購入されることをおすすめします。)

ビットコインを購入する時に気を付けることは、こちらにまとめてあります ↓

ビットコインを購入する時に気を付けること

私の出発点価格は、1BTC約10万円です。そこからいくらまで上がっていきますでしょうか!楽しみです( *´艸`)

平成29年3月23日午前6時10分のビットコイン価格は、115,588円!!わー、昨日に比べて1万円も値を下げましたね!!

上がったり下がったりを繰り返しながら大きく下がってきましたね。今はどちらかというと、仕込むのにちょうどいい時ですね。

ポジティブ思考、ポジティブ思考(*´▽`*) 一時プラス5万円ほどになりましたが、1万円まで目減りしちゃいましたね~。

でも、動じません。東京オリンピックまで持ち続けるんですから(^^)/

 

 

さて、先日、私が読者になっている「ネット業界の雄」小玉歩さんのメルマガに、ゾクッとしてしまいました。

 

それは、どの家庭にも訪れる可能性のあるサラリーマン家庭の危機です。

 

「茹でがガエル理論」ってご存知でしょうか?

 

鍋に水をいれた状態でカエルを入れておきます。

 

鍋に火をつけて、徐々に温度を上げていくと、カエルは水温が上がっていることに気づかずに、ある時気づいた時にはもう遅く。

 

突然死んでしまうというお話です。

 

これが、はじめから熱いお湯に入れれば、カエルは熱くて鍋の外にぴょーんと飛び出したでしょうが、ぬるま湯が徐々に温度を上げていくと気づかない。

 

これを人間に例えてお話されているメルマガでした。

 

私の家もサラリーマン家庭です。

 

さんざんお話してますように、私はちょっとパート勤めをしているだけの専業主婦。

家庭の要は、旦那様のお給料です。

 

そう、旦那様のお給料1本なのです。

 

もし、この1本の柱がなくなってしまったら、我が家は崩壊してしまうでしょう。

 

2015年12月の東芝のニュース。5500億円の赤字で大規模リストラ発表。

 

これを見て、天下の東芝に勤めて将来は大安泰だと思っていたご本人含め、ご家族のことを思いました。でも、どこか他人事ではあったんです。東芝がスポンサーになっている「サザエさん」どうなるかなぁ。なんて能天気なことを考える余裕すらありました。

 

また、台湾の企業に買収されたシャープは4500億円の赤字。

 

私の住まいにも近いシャープの亀山工場に勤めていた人たち。その人たちがごそっといなくなったことで、それを頼りにしていた地域経済もダメになってしまった。

 

大企業が大きな赤字を出すことは、その社員だけではなくて、その企業が立地する地域にも大きな影響が出ています。

 

これらのことを他人事として、今就かれている仕事に邁進すればいいや。そうすれば大丈夫。だと思っていること。それは正常な考えでしょうか??

 

小玉さんのメルマガにはこう書いてありました

 

「これ、断言しますが、日本に好景気はもう来ません。人口が増えない、消費は増えない、そんな悲観的な状況では積極的にお金を使うなんてない。

 

日本は永久に不況です。」

 

ひえ~。確かに日本の将来には悲観的な未来ばっかり描ける要素しかない状態。明るい未来ってなんだろうですね。

 

アベノミクス、アベノミクス!と喧伝され、日本銀行の黒田総裁の黒田バズーカといった、思い切った金融政策も功を奏さず。

 

私たち一般市民にとっては、まったくもって恩恵なしな感じですよ。

 

「お金が儲かるのはどっち??」の著者である菅井敏之さんも、お話されていましたが。

アベノミクスは、お金を借りる人たちにとって、有益になる政策だったと。

 

確かに、住宅ローン金利は非常に低い状態で、ゼロ金利政策も手伝ってお金は非常に借りやすい状況になりましたよね。

 

でも、それがあまねく我々一国民に利益があるかというと、実質的にはお給料あがってませよね。。。

実生活には何のことはなく、むしろマイナス金利のために、今後は銀行の手数料が上がったりしてますもんね。もう嫌な時代です。

 

しかも、先ほどお話しましたシャープにしても、東芝にしても、どれだけ頑張って会社に貢献していたとしても、会社自体が赤字に転落したら、多くの方はリストラ対象になって、突然首切られて終了。

 

その家族の事情なんて、配慮されません。

 

私自身も、旦那の稼ぎだけで生活していくことが苦しいので、バートに出ることにしましたし、在宅でできることはないかと、色々と試行錯誤を繰り返してきました。

 

小玉さんは、このような状況に副業というもうひとつの柱を付け加えましょう。と書かれています。

 

私もその意見に大賛同です。

 

正直、私は専業主婦なので、ほとんど何やっても大丈夫。もし、旦那の扶養からはずれるほどの儲けを出せたら、それはそれでいいじゃないですか。

 

将来が不安だ不安だ。で動かない状態でいるほうがよっぽど恐ろしい状態になりますよ。

 

だから、私は仮想通貨であるビットコイン投資が目に留まったわけです。ビットコイン投資は、投資ですからリスクは伴います。ただ、現在は非常に買い求めやすい価格で推移していますし、将来的なことを考えれば、ビットフライヤーのようなしっかりした取引所で、ビットコインを購入して、ほったらかすだけで、利益を得ることができれば、大きな柱にはなりえないかもしれませんが、困ったときの蓄えには必ずなってくれると思います。

 

日本株に投資するとか、そういった小さなものではありません。

 

ビットコイン取引は、世界中で行われている通貨に投資することになるのです。

 

日本のどこかの一企業に投資するよりも、よっぽど未来ある仮想通貨ビットコインに投資したほうが、リスクが低い。そう私は思い投資を続けたいと思います。

 

そして、ビットコイン投資はひとつの柱にすぎません。

 

柱をどんどんと増やして、明るい未来を送るため、頑張っていきたいと思います。

 

———————————————
——————————
国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー
大手損害保険会社(第一生命)と契約し、ビットコイン保管のリスクも保障

ビットコインをはじめるならビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

——————————
———————————————