どうも、ビットコイン愛好アラフォー女子(通称ビット女子こと)こぶたぶたです(*´▽`*)

今日もおはようございます。

毎日私のビットコインがどれだけ増えたか、もしくは減ってしまったかお伝えしています。
私がビットコインをはじめて買ったのが1月12日。
クレジットカードで購入したのですが、結構手数料とられましたが、
(できれば、銀行振り込みしてから購入されることをおすすめします。)

ビットコインを購入する時に気を付けることは、こちらにまとめてあります ↓

ビットコインを購入する時に気を付けること

 

私の出発点価格は、1BTC約10万円です。そこからいくらまで上がっていきますでしょうか!楽しみです( *´艸`)

 

平成29年3月14日午前6時の1BTCは、144,686円です。今週の日曜日にビットコインETFが米証券取引委員会(SEC)に否認されてから、急落しましたが、その後じわじわと上がってきましたね。

 

なので、はじめてからプラス44,686円なり。ここ最近は上がったり下がったり。だけどほったらかしだから関係ありません(*^。^*)

このビットコインETFが認められれば、投資家のビットコイン投資への安心感から、そのすそ野が大きく広がることが期待されていましたが、、、。ただ、急落して、これだけ元の水準に戻ってくるということは、やはりビットコインの有用性は揺るがないものだということでしょう。

 

ビットコインETFも、今回はウィンクルボス兄弟が申請していたものが否認されただけで、それ以外にも申請を控えている案件があるそうです。なので、将来的には、ビットコインETFが誕生する可能性は残されているんですって、今後の動向を注視していきたいと思います。

 

ところで、最近私ビットコインのことについて、色々なサイトを見て勉強することももちろんあるんですけど、ユーチューブを見て勉強することも増えました。

 

家事の空き時間などに、ユーチューブを流しながら、ほとんど映像は見えませんけど、、。

 

あのわかりやすくニュースを解説してくれる池上彰さんも、テレビで解説されていたものがユーチューブで流れています。

その中で、ビットコインは国が介在しない通貨であるので、テロリストが使っているという話がある。というくだりがあります。

それだけを聞くとビットコインを購入することはテロリストに加担しているように感じてしまいましたが、ビットコインは本来純粋な思いで誕生したものです。

 

ビットコインは、ナカモトサトシという人がインターネット上に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」(ビットコイン:P2P電子決済システム)という論文が掲載されたのがはじまりと言われています。

 

その後世界中の天才プログラマーたちが、この論文面白い。こんな仕組みができたら自分たちの世界は一変する。など、ビットコインが国に縛られず、個人間で取引できる、非常に有用性の高いものとして、築き上げられていったものなのです。

 

ビットコインを実際にやり取りするとわかりますが、個人間でも非常に簡単に取引することが可能です。

 

日本円を個人間で取引することは、昔に比べれば非常に簡単になりました。インタネットバンキングを使えば、夜間に送金を行うことも可能です。

 

ただ、夜間に送金したものが相手の口座にすぐに反映されるわけではありませんし、手数料も同じ銀行間であったとしても数百円取られることは普通です。

 

それが、ビットコイン取引だと、ほぼ瞬時に相手の口座(ウォレット)に反映されますし、手数料も数十円です。非常に、便利だと感じましたね。

 

それが、例えばアメリカにいる友人に(私にはいませんけど(*´з`))送金しようと思ったら、海外送金の手数料だけで数千円取られますし、時間もすごくかかりますよ。日本に出稼ぎに来ている外国人就労者が、海外に住む家族の送金にビットコインを使いだしているということも納得できる理由ですよね。

 

また、日本円は国際的にも流通量が多く、信用度の高い通貨と言えますが。

 

自国通貨が低い国々の人たちにとっては、ビットコインは自分たちのお金を守る手段としても使えるということです。つまりは、自分の国のお金で持っていても、いつその価値がいつ暴落するかわかりません。しかし、ビットコインを持っていれば、その価値の保全に役立ちます。

 

そう、テロリストに使用されるということは、ひとつの側面であって全体の運用の中での一部分でしかないのです。これから、日本でも国が正式に決済手段のひとつとして法的に認められますし、広まっていくことは時代の趨勢です。

 

それを、いかに上手に使っていくかは、個人の問題ですよね。便利な道具として楽しく、使っていけたらいいですね(^◇^)

 

とにかく、今は将来楽しく使うために、買って、ほったらかしで、値上がりを待ちますけど。

 

値が大きくがあるであろう、2020年の東京オリンピックに1BTC10万円だった私のビットコインは、いくらになるかな~。

 

池上さんの動画も一応リンク張っておきますね~(*^。^*)

———————————————
——————————
国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー
大手損害保険会社(第一生命)と契約し、ビットコイン保管のリスクも保障

ビットコインをはじめるならビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

——————————
———————————————