ビットコインの大暴落で大きな損失を出している方の救世主となるか? ご登録は↑はこちら。(登録は無料)人に紹介するだけでもOK詳細はこちらから
 

ビットコインの購入は、非常に簡単です。日本円を入金できれば、それこそワンクリックです。

 

ここでは、その流れを確認いたしますね。

 

まず、ビットコイン取引所であるビットフライヤーで口座開設をしましょう。

 

ビットフライヤーで開設されていない方は、こちらでまず確認ください(^◇^)↓

bitFlyer(ビットフライヤー)簡単!口座開設手順

 

1 一番簡易な方法はクレジットカード払い

本来なら、日本円の入金が必要です。日本円の入金の場合、銀行の営業時間に影響されます。

「ビットフライヤーの問い合わせQ&A」には、最短で当日。最長翌営業日までに反映されますとありますが、毎月5・10日、週はじめ、祝日明け、月末等は時間がかかる場合があります。とありますので、入金のひと手間と、入金までの時間が待てない、すぐに買いたい!!という方は、クレジットカード払いが可能です。

ただし、クレジットカード払いの場合、次の点に注意が必要です。

≪クレジットカード払いの注意点≫

・ビットフライヤーでは、ビジネスクラス以上の方に利用が可能です。ビジネスクラスになるには、電話番号登録、銀行口座登録、本人の身分証明の登録が必要です。

・日本国発行のVISAまたはMASTERカードが利用可能。

・クレジットカードで購入したビットコインは、購入後1週間は、売却、送信等ができない。

・クレジットカード決済手数料は、比較的割高で7~8%ほど取られるようです。私は、経験済みで10万円で7~8千円なので、簡単ですけど非常に割高だと思います。できれば日本円を入金して購入されるほうがいいと思います。

ちなみに、ビットフライヤーの画面でみるとこのような感じです。

 

クレジットカードの情報をまずは、登録して購入します。

なお、ビットコインの購入は、日本円で記載します。なので、10万円で購入したい場合は、

「ビットコインご購入金額(日本円)」に「100,000」といれます。そうすると、自動的にビットコイン(BTC)購入数量が計算されます。3月7日時点では、10万円をクレジットカードで購入すると、0.63421997BTCでした。

それから、購入するをクリックすれば購入完了です。非常に簡単ですね。

 

2 通常コース 日本円を入金する。

それでは、通常コースの確認をします(^◇^)

① 日本円を「銀行振り込み」でビットフライヤー口座に送る。


サイドバーにある、「使う・その他」の「入出金」をクリックすると次のような画面になります。

ビットフライヤーの振り込み口座は、ふたつあります。

 

1 三井住友銀行 
東京第一支店(店番号 931)
普通 2902550
カ)ビットフライヤー

※翌日扱いの入金の場合は、翌銀行営業日の午前9時以降に順次入金処理がおこなわれます。

 

2 住信SBIネット銀行  
法人第一支店(店番号 106)
普通 1142854
カ)ビットフライヤー

※原則として土日も入金が可能ですが、毎月5、10日、週はじめ、祝日明け、月末等は時間がかかる場合があります。

 

≪注意≫

必ずビットフライヤーに登録しているご本人名義の金融機関口座から振り込みます。

振り込みは、ビットフライヤーのHPからはできませんので、ATMか、もしくはインターネットバンキングを使って、上のふたつの銀行のいずれかに振り込む必要があります。(振り込み手数料は、個人持ちです。)

また、住信SBIネット銀行で振り込みをされる方は、必ず振り込み名義人を、画面にあるように「5桁の番号+お客様振込名義人」としてください。ご自身のものを確認し、間違いのないように実行してください。

 

もし、登録銀行口座以外から入金した場合、ビットフライヤーで確認ができずアカウントへ反映されませんので、ご注意ください。この場合、その銀行口座を追加登録したうえで、ビットフライヤーのお問い合わせフォームから「銀行口座情報」を改めて連絡する必要があります。

 

入金後すぐに口座上の日本円に反映されるわけではなく、振り込み処理が終わるまで、タイムラグが発生します。

② 24時間365日日本円が可能なクイック入金を利用する。

日本円が反映まで待てない!という方は、入金がすぐに反映される、クイック入金をすることも可能です(パソコンのみ対応)。

 

「入出金」メニューの、「クイック入金」をクリックすると、クイック入金ができます。

ただし、クイック入金は手数料がかかります。1件324円になります。

クイック入金は、インターネットバンキング、銀行ATM、コンビニ入金などで対応が可能です。(コンビニエンスストアでのクイック入金の場合、1回の取扱金額は30万円が上限です。)

※インターネットバンキング、銀行ATMの対応する利用可能な銀行口座は、こちらから。ご確認ください。

入金が無事済みますとホーム画面の右上に残高が表示されます(画面は0円になっていますが、入金されたと仮定してくださいm(_ _)m)。

 

残高(JPY)が日本円の残高になります。なお、残高(BTC)がビットコイン残高になります。

 

3 通常コース 日本円入金が完了したら購入する。

ビットコインの購入の仕方は、①~④までの方法があります。購入方法は説明していきますが、本当に簡単で、わずか3クリックほどで購入できます。

 

①「ビットコイン販売所」は、取引の相手はビットフライヤーになりビットフライヤーの提示する価格で売買することになります。ようは、ビットフライヤーさんの言い値で購入することになります。この後ご紹介する③「ビットコイン取引所」より少し割高になります。

購入したいビットコインの数量を、「1」、「0.1」、「0.01」から選択します。

なお、最低取引金額は、0.001BTCになりますので、必要に応じて直接入力をしてください。

 

購入数量が決まると、右側の「日本円参考総額」にいくらで購入できるかわかりますので、預金残高と見比べて「コインを買う」を選択します。その後、注文を確定するためのボタンが表示されますので、「注文実行」をクリックして完了になります。

 

②「クレジットカード決済」は、1で説明いたしましたが、日本円を入金することなくビットコイン購入が可能です。

 

 

③「ビットコイン取引所」は、取引の相手はビットフライヤーではなく、市場に参加している個人になります。そのため、価格は、個人間同士の需給によって変動します。

①のビットコイン販売所と同じように、ビットコインの購入数量を決定して、コインの購入してください。

なお、ビットコイン取引所では、指値注文も可能です。指値注文とは、自分が指定した金額になったら購入、または売却をする方法です。

 

指値注文では、「今は、非常に値が上がってきたので、値が落ちてくるタイミングをみて、1BTC100,000円になったら買おう」という時に使います。

 

④「bitFlyer Lightning」は、プロ向け取引所で、③と同様、取引相手は市場に参加している個人で、価格も個人間同士の需給によって変動します。

 

bitFlyer Lightningは、ビットコインの現物・FX取引になります。レバレッジが10倍までことができますので、少ない資金で、大きな金額を動かくことができますが。

 

初心者の方は、とりあえず控えたほうがよいと思います。

 

以上が、ビットコインの購入方法になります。よろしくお願いします。

 
———————————————
——————————
国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー
大手損害保険会社(第一生命)と契約し、ビットコイン保管のリスクも保障

ビットコインをはじめるならビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

——————————
———————————————