ビットコインは、基本的にはインターネット上で発行されて、取引される仮想通貨の一つです。

 

ビットコインの取引所のひとつであったマウントゴックスで、「ビットコインが盗まれた!!」と最悪の話題となり、多くの人がビットコインは危ないものだという印象を植え付けられました。

 

しかし、調べてみると内部犯行ということがわかりました。現在の日本にある銀行なら、内部犯行でお金が流用されたとしても、それが原因で破たんするなんてありえませんよね。また、万が一銀行が破たんしても、一般預金のうち元本1000万円まで補償される救済措置がありますが、ビットコインにはそんな補償はありません。

 

また、ビットコインはハッキングの被害にもさらされています。

2016年8月に、香港の取引所「bitfinex(ビットフィネックス)」がハッキングの被害にあいました。

 

その被害額は、約12万BTC!!

 

マウントゴックスの被害額についで、大きな被害額となっているようです。

 

さらには、2018年1月26日コインチェックにおいて、NEMの5.4億(XEM)日本円にして約620億円相当が不正に引き出されたことが分かりました。

 

テレビのニュースでも、大変な騒動になり、多くの人がマウントゴックスを思い出し、ビットコインってやっぱり怖い、、。と思われたのではないでしょうか。

 

このように、ビットコインを含む仮想通貨は誰かに「盗まれる」というリスクがつきまとうことになります。

あくまで保管は自己責任!として、しっかりと管理できる体制を整えておくことが必要です。

 

そのため、大切なビットコインを安全に保管するためには、どうすればいいか。

まとめてみました。

 

ビットコインの財布を知る

ビットコインは「ウォレット(財布)」で管理します。

といっても、お札や硬貨を入れる実物としての財布ではなく、インターネット上のお財布になります。

 

取引所に口座を作ってビットコインを購入すると、買ったビットコインはその口座(ウォレット)に保管されます。

イメージとしては銀行口座と同様です。

(私が使っている取引所はビットフライヤーなどです。)

 

また、取引所のようにビットコインの売買はできないけど、「ウォレット」機能だけに特化したサービスもあります。

(私が使っているウォレットは、ブロックチェーン(Blockchain)などです。他にも、たくさんのウォレットサービスがあります。)

 

そのウォレットを使ってビットコインを送金したり、ビットコインを受け取ったりすることになります。

 

そのため、このウォレットがビットコイン取引の基本となります。

大きく2つに分けられるお財布の種類

ウォレットは、大きく2つのタイプに分けられます。

1「ホットウォレット」

2「コールドウォレット」です。

 

1「ホットウォレット」

インターネットに接続されているウォレットです。

これには、自分のデスクトップにおく「デスクトップウォレット」、ネット上にある「ウェブウォレット」、スマホなどに入れる「モバイルウォレット」があります。

 

取引所のビットコイン(コールドウォレット管理の取引所もあります)や、スマホで使えるウォレットなどが当たります。ようは、外部と接続されていることで、ハッキングなどのリスクがある保管方法といえます。

 

もちろん、ハッキングなどのリスクを低減することは可能です。

 

被害を受けないために、確実に次のことは行っておきましょう。

1 ビットコイン取引所のパスワードは、できるだけ長く、数字や記号なども入れた複雑なものにする。

2 普段自分が使っているパスワードを設定しない。(パスワードの使いまわしをしない)

3 2段階認証が可能なウォレットを使い。設定も確実に行う。

4 定期的にパスワードを変更する。

 

皆さんが普段使っている銀行で、インターネットバンキングを利用されている方は、イメージがつきやすいと思いますが、やはりセキュリティを高める努力をする。ということは、基本中の基本です。

 

ウォレットに不正にアクセスされ、メールアドレスを勝手に変更される被害もあうようです。

ハッキングの被害に会う前に、確実に実行しておきましょう。

 

2「コールドウォレット」

インターネットに接続されていないお財布です。

 

ビットコインのデータを、コールドウォレット専用のUSB端末で保存する「ハードウェアウォレット」。

私たちが普段使っているお札のように、紙状のお札として保管する「ペーパーウォレット」があります。

 

コールドウォレットは、インターネット上の危険にさらされる危険性がなくなり、ハッキングの心配は激減しますが、一方徹底した自己管理が問われるようになります。なぜなら、どちらもなくしてしまえば、お金と一緒で取り戻すすべがないからです。

 

ホットウォレットとコールドウォレットどちらで管理すべき?

ここで、それぞれのウォレットのメリットとデメリットを整理してみました。

 

1「ホットウォレット」

外出先でスマホさえ持っていれば、ビットコインの送金などがすぐにできること。

これから、ビットコインの決済方法が増えていくと考えれば、ホットウォレットを持たないという選択肢はありません。

ただし、ネットの脅威に基本的にさらされているということを考えれば、多額のビットコインをホットウォレットで保存することは、避けるべきでしょう。

現在ビットフライヤーでも、保管しているビットコインは、コールドウォレットで管理しているということですが、マウントゴックスが内部の犯行であったこと、香港の大手取引所がハッキング被害をうけたこと。

さらには、コインチェックのセキュリティ体制など、各取引所は自助努力はもちろんしていますが、完全ではありません。結果、会社が破たんしてしまっては、すべてはゼロになってしまいます。

それから、もうひとつ、ビットコインの次に時価総額を誇る「イーサリアム」のテクノロジーを応用して作られたDAOという通貨があります。このDAOが、誕生から2か月たたないうちに発行額の3分の1にあたる50億円分が盗まれるという事件がありました。

 

結果的には、被害を受ける前の取引記録に戻すことで、盗まれたDAOは被害者のもとに戻りましたが、信用は大きく失墜しました。

DAOの事件は、プログラム上の欠陥であったようですが、こうしたシステム上の欠陥をついたハッキングは起きうることです。

 

また、こうした取引所などを狙うハッキングに限らず、私たちが普段使っているスマホやパソコンからウィルスが入ることも十分考えられます。

 

ビットコインは、これから値上がりが期待される非常に新しい通貨です。しかも、全世界で使用することができます。大規模なハッキング集団が、各取引所のすきをついて、ビットコインを盗み取ったり、個人のパソコンなどにウィルスを巻き散らかす可能性は、大いにあることです。

 

ビットコインを使うためには、ホットウォレットにビットコインを入れる必要がありますので、なくすことはできません。

 

そのため、使用するための少額のビットコインをホットウォレット。できれば信頼できるビットフライヤーなどの取引所に預けておくことが、安全な方法であると思います。

 

2「コールドウォレット」

コールドウォレットは、そこから外部に送金したりすることはできませんし、紛失などのリスクがあります。

 

ただし、ネットにつながれていないので、ビットコインを安全に保管するのには最適です。

 

保管に一番適しているのは、紙媒体の「ペーパーウォレット」になります。

ただし、「ペーパーウォレット」を作る時に、ウィルスに侵される心配もありますし、一旦ペーパーウォレットに入金すると、その一部分だけを使用するなどの柔軟性がなく使いにくいです。

 

それを解決するのが、」になります。現在市販されているものの中で、「ビットコインウォレットTREZOR(トレザー)」が信頼が高いウォレットになるようです。

簡単に利点を上げると、

1 ビットコインを管理する上で必要となる秘密鍵を特殊なチップに内蔵していて、例えウィルスに感染したパソコンに接続して使っても、秘密鍵が漏えいする可能性がない。

2 トレザーが壊れてしまっても、ビットコインが喪失することはありません。24ワードのリカバリーパスフレーズを、メモしておけば、別のトレザーを買ってきても再現できます。

 

以上の点で、多額のビットコインを保管するためには、このトレザーを手に入れて管理することが一番安全な方法であると思います。

 

結局一番いい方法は?

少額の普段利用するビットコインは、信頼できる取引所に預けておき、もしくは取引所を分散しておく。

それ以外は、トレザーを使って保管する。

これが、パソコンに詳しくない私にとって、一番楽な方法です!

 

セキュリティが高いと評判の取引所

QUOINEX

金融庁登録仮想通貨交換事業第1号の日本の取引所です。正直あまりメジャーじゃないですけど、セキュリティは非常に高いと評判です。

これは、QUOINEXのHPの抜粋。コールドウォレットのマルチシグ化でビットコインを安全に管理。とのこと、さらに、QUOINEXのCEO栢森さんはは、コインチェックの不正送金について次のようにコメントしています。

弊社では、常にセキュリティのと顧客資産の保護を最重要経営課題としてサービスを提供。結果、今まで一度も盗難が起きていません。そして、弊社では以下を徹底しております。

 

・100%コールドウォレット管理

・出コインのアドレスのホワイトリスト化。

・プライベートサーバー

・二段階認証の必須

・AP出金の禁止

 

とのこと。そして、栢森さんが言われているように、「これらの措置はお客様の利便性の低下にもつながり、おしかりもうけてきましたが、結果としてお客様の資産の安全管理につながっております。」

実際、出金には2日ぐらいかかります。でも、今ではそれがいい作用をしているようです。

ハードウェアウォレット高いし、、という方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

セキュリティが高い ビットコイン取引所 QUOINEX口座(アカウント)開設方法〜わかりやすい手順で解説

ハードウェアウォレット

【日本語ガイドセット】TREZOR(トレザー)ビットコイン ハードウェアウォレット (白)

新品価格
¥29,800から
(2018/1/27 19:52時点)

価格は安いですけど、こちらも有名どころのレジャーナノ。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット 【正規品】

新品価格
¥19,800から
(2018/1/27 19:53時点)

通貨を分散させることも仮想通貨保全になります。

私は、ビットフライヤーさん、ザイフさん、海外仮想通貨取引所のバイナンスさん、ビットレックスさんに分散しています。

いずれも、100%安全とはいえませんので、自分なりのルールをきめて、利益が出たら、まめに日本円への現金化もする方が安心だと感じています。

本当は、長期保有したいんですけどね、、。