購入したビットコインを、送金したいという時はどうしたらいいのかをまとめてみました。

ビットフライヤーの画面に沿って説明します(パソコン画面です)。

ビットコインを送金する準備をする

相手に、ビットコインを送付する前に、自分のウォレットの登録をしておきましょう。

設定のタブから、「外部ビットコインアドレスの編集」をクリックしてください。

 

そうすると、「お客様の外部ビットコインアドレスを入力してください。」と表示されますので、「ラベル」と「ビットコインアドレス」を入力します。

まず、ラベルですが「ビットコインアドレス」が誰のものかを特定するためのものです。今回は、自分のウォレットのビットコインアドレスを登録するので、ラベルを「自分のウォレット」としました。そして、ビットコインアドレスを入力し、「追加する」ボタンを押します。

 

このビットコインアドレスは、ビットフライヤーのものではなく。「ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)」など、外部のビットコインアドレスを入力します。なお、BLOCKCHAINの登録方法は、またご紹介します。

※自分のウォレットを登録しなくても、外部に送金することは可能です。
それでは、ビットコインの送金方法をみていきます。
まず、 「入出金」のメニューを選択します。
次に、「BTCご送付」というタブをクリックすると、次のような画面になります。

すると、先ほど登録した「自分のウォレット」の「ビットコインアドレス」が登録されていると思います。

 

ビットコインを送金するためには、、「外部ビットコインアドレスを選択してください」にある「ラベル」と「ビットコインアドレス」を記入する必要があります。

登録方法はご自身の「ビットコインアドレス」を入力した方法と変わりません。

 

初期状態だともちろん何も登録されていませんので、追加していきましょう。

 

「ラベル」は、そのビットコインアドレスが誰のものであるのかを特定するためのとても大切なものになります。

ここでは、「旦那のウォレット」としました。

 

「旦那のウォレット」のビットコインアドレスを入力し登録します。これで、準備は整いました。

(なお、ビットコインアドレスの確認方法は、後日作成する予定です。)

 

ビットコインアドレス入力時に気を付けるべきこと

1 ビットフライヤーに限ったことではありませんが、各社とも、外部ビットコインアドレスで起きたことに一切責任を負いません。

2 外部ビットコインアドレスを間違えて送付した場合、絶対にビットコインは取り戻せません。

3 送金処理をした後に、その処理を取り消すこともできません。

ですので、外部ビットコイン送付はウォレットのアドレスが間違っていないか十分に確認し送付作業を行う必要があります。

 

ビットコインを送金する

ここまで整えば、ビットコインの送金は簡単です。

1 外部のビットコインアドレスの送金したいアドレスを選択して黒丸にします。  (ここでは、「自分のウォレット」を選択しています。)

2 赤枠内の「送付数量」を指定して、「ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)」をクリックすれば完了になります。(この画像では、BTC残高が0BTCとなっていますが、実際はもっているビットコインの数量が表示されます)

 

以上になります。お疲れさまでした。

 

ビットコイン送金の利点とは

最後に、現金よりもビットコインを送金するほうが、良いメリットをまとめてみました。

 

ビットコインの利便性は非常に高く、さらにコストも現金送付に比べ安くすみます。

 

海外へ送金する時は、ビットコインの本領発揮です。

例えば、あなたのご家族がアメリカに留学していたとして、毎月学費や生活費を送金しないといけないとします。

毎月10万円の仕送りが必要だとして、銀行の海外送金サービスを利用すると、1回あたり数千円の手数料がかかってしまいます。これは、かなりの負担です。これが、ビットコインだとわずかな手数料で実行ができるのです。

 

特に、出稼ぎなどで日本に来た外国の方が、自分の母国に送金する際、がんばって働いたお金を手数料で数千円でも減らすことは、母国の家族にとってもメリットが大きいため、ビットコイン送金をする人も増えてきているようです。

 

さらに、受け取る人にとってもメリットがあります。普通の海外送金を行った場合、お金が届くまでに数日間かかりますが、ビットコイン送金は、非常にスピードが速く、それこそ瞬時に届きます。

 

パソコンをもっていなくても、スマートフォンさえあれば、ビットコインは簡単に送ったり、受け取ったりすることができます。自国通貨の価値が低い人たちにとって、自分の自国通貨でもらうよりも、ビットコインでもらったほうが良いという人たちも、だんだん増えてくるでしょう。

 

特に、アメリカのニューヨークでは、ビットコインを使えるお店が既にたくさんあるということです。日本においても、東京においてすでに使えるお店も出てきているということですし、ビットコインを買えるATMも出てきているということです!

 

2020年の東京オリンピックで、世界中の人が日本を訪れることになりますが、その際に、ビットコインという決済手段が、世間的にも認知され広まっていくことと思います。

 

ビットコインは、インターネット革命に続く、通貨における大きな革命です。その可能性は図りしれません。あのamazonも決済手段として使えるようになってきています。

 

後数年後の未来には、もっと広がりを見せていることと思います。今のうちから、ビットコインの勉強をしておけば、時代の先をいける!さらには、所有していれば値上がり利益も狙える。2017年がビットコインをはじめるチャンスですね。

———————————————
——————————
国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー
大手損害保険会社(第一生命)と契約し、ビットコイン保管のリスクも保障

ビットコインをはじめるならビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

——————————
———————————————