ビットコインをはじめて買われる方は、ビットコインを購入するの、とてもドキドキしちゃいますよね。

特に、今は値段がすごく上がっていますし、、、。

 

そこで、ビットフライヤーでビットコインを購入する時に気を付けることをそれぞれ記載しておきますね(^◇^)

 

ビットフライヤーでビットコインを購入する時に気を付けること

 

これから、ビットコインを買われたい方は、まずはこちらからご覧ください(^^♪

ビットフライヤーは、日本で仮想通貨取引所のスタンダード。月間取引量・ユーザー数・資本金において国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業です!(引用:ビットフライヤー:月間取引量:1.5 兆円超、ユーザー数:60 万人超、資本金:41 億 238 万円(資本準備金含)(2017 年 9 月現在))

 

どしたらビットコインを買うことができるんだろう??という初心者の方のために、画像を交えてご説明します!

 

注意1 アカウントクラスによりビットコイン購入ができない

まず、アカウントクラスをご確認ください。

ビットコインを購入するためには、日本円の入金が必要なのですが、アカウントクラスが、下の図のように、スタンバイクラス、エコノミークラスだと日本円の入金ができませんので、

プレミアムエコノミーコースまでには、クラスを上げる必要があります。

 

アカウントクラスをビジネスクラスまで上げる方法を知りたい方はこちらから↓

bitFlyer(ビットフライヤー)簡単!口座開設手順

アカウントクラスは確認いただけましたでしょうか。

 

注意2 日本円を入金しないとビットコインは購入できない(登録した銀行口座から振り込む必要あり)

次に、ご自身で登録した銀行口座から、ビットフライヤーの口座にお金を振り込む必要があります。

サイドバーにある、「使う・その他」の「入出金」をクリックすると次のような画面になります。

ビットフライヤーの振り込み口座は、ふたつあります。

 

1 三井住友銀行 
東京第一支店(店番号 931)
普通 2902550
カ)ビットフライヤー

2 住信SBIネット銀行  
法人第一支店(店番号 106)
普通 1142854
カ)ビットフライヤー

(なお、振込先はご自身のページでしっかりと確認ください)

必ずビットフライヤーに申請している銀行口座から振り込みます。

振り込みは、ビットフライヤーのHPからはできませんので、ATMか、もしくはインターネットバンキングを使って、上のふたつの銀行のいずれかに振り込む必要があります。(振り込み手数料は、個人持ちです。)

また、住信SBIネット銀行で振り込みをされる方は、必ず振り込み名義人を、画面にあるように「5桁の番号+お客様振込名義人」としてください。ご自身のものを確認し、間違いのないように実行してください。

 

もし、登録銀行口座以外から入金した場合、ビットフライヤーで確認ができずアカウントへ反映されませんので、ご注意ください。

 

入金後すぐに口座上の日本円に反映されるわけではなく、振り込み処理が終わるまで、タイムラグが発生します。

 

ただ、入金がすぐに反映される、クイック入金をすることもできます(パソコンのみ対応)。

 

下の画面のように、「入出金」メニューの、「クイック入金」をクリックすると、クイック入金ができます。

ただし、クイック入金は手数料がかかります。1件324円になります。

クイック入金は、インターネットバンキング、「住信SBIネット銀行」、「じぶん銀行」、「イオン銀行」、銀行ATM(利用できない銀行もあります)、コンビニ入金などで対応が可能です。

 

入金が無事済みますとホーム画面の右上に残高が表示されます(画面は0円になっていますが、入金されたと仮定してくださいm(_ _)m)。

 

残高(JPY)が日本円の残高になります。なお、残高(BTC)がビットコイン残高になります。

 

注意3 クイック入金では、すぐにビットコインを別口座に送ることはできない!

これは、ビットフライヤーで売買取引するだけの方は、全く問題ありません。

 

しかし!ビットフライヤーでビットコインを買って、海外仮想通貨取引所でアルトコインを買いたい!と考えている方は要注意!

クイック入金では、 セキュリティ向上のため、クイック入金額相当の資産の移転は7日間制限されます!!

 

つまりは、すぐにビットコインを送れないのです!!

ビットコインを購入して、例えば海外仮想通貨取引所のBITTREXに送金しようとしても7日間はできません。

 

BITREXに興味がある方は、こちらから(^◇^)→仮想通貨取引所「Bittrex(ビットレックス)」とは?

 

そのため、ビットフライヤーでビットコインを買って、違う取引所でコインを買う予定!という方は、普通に銀行入金で行いましょう。

 

銀行入金もそれほど遅いということはないようです。

以下:ビットフライヤーHPを引用

銀行口座情報確認が完了している場合、銀行営業日や営業時間などに影響されますが、最短で当日、最長翌営業日までにアカウント残高へ反映されます。
銀行口座情報の確認は、銀行口座情報をご登録後に当社にて行います。
ご登録いただいた口座名義や口座番号と、実際の銀行口座情報に相違がない場合、最短で当日に、最長でも翌営業日の内に銀行口座情報確認が完了します。

 

注意4 ビットコインをできるだけ安く買う。(クレジットカード決済は簡単だが、手数料は高くなる)

ビットコインの購入の仕方は、①~④までの方法があります。

①「ビットコイン販売所」

①「ビットコイン販売所」は、取引の相手はビットフライヤーになりビットフライヤーの提示する価格で売買することになります。

購入したいビットコインの数量を、「1」、「0.1」、「0.01」から選択します。

なお、最低取引金額は、0.001BTCになりますので、必要に応じて直接入力をしてください。

 

購入数量が決まると、右側の「日本円参考総額」にいくらで購入できるかわかりますので、預金残高と見比べて「コインを買う」もしくは「コインを売る」を選択します。

 

②「クレジットカード決済」

アカウントクラスが、ビジネスクラス以上の方が利用できる決済方法になります。日本国内発行のVISAまたはMASTERカードのみ利用可能です。

まず、「クレジットカード情報を登録する」をクリックし、画面にそって登録をします。

登録が、終わると次のような画面になります。日本円でいくら購入するかを決めて、「ワンクリックで購入する」を選択します。

※ビットコインの購入数量で購入することはできませんので、ご注意ください。

なお、クレジットカードでのご利用には、手数料がかかります。手数料は、購入時のレートおよび数量によって計算され、ビットコインの購入価格に含まれて表示されています。

 

実際購入してみると、7~8%程度の手数料がとられるようです。

これは、結構な手数料ですよね。10万円分購入したら、7000~8000円が手数料となってしまいます。

 

これでは、勿体ない!

できれば、日本円を振り込んでから購入されることをおすすめします。

また、クレジットカードで購入したビットコインは、購入後1週間は売却、送付等ができません。

→そのため、ビットコインを購入後、すぐに例えばご自分の海外仮想通貨取引所に送りアルトコインを購入する。ということはできません!

 

(利用可能となる日時の確認方法)

「お取引レポート」をクリックすると、ビットコインの取引状況が確認できます。

その中で、カードと表示されているところの、取引日より7日後に利用可能となります。

この図の取引ですと、2017/1/20ということになります。

 

③「ビットコイン取引所」

③「ビットコイン取引所」は、取引の相手はビットフライヤーではなく、市場に参加している個人になります。そのため、価格は、個人間同士の需給によって変動します。

①のビットコイン販売所と同じように、ビットコインの購入数量を決定して、コインの購入、または売却をしてください。

なお、ビットコイン取引所では、指値注文も可能です。指値注文とは、自分が指定した金額になったら購入、または売却をする方法です。

 

指値注文では、「今は、非常に値が上がってきたので、値が落ちてくるタイミングをみて、1BTC100,000円になったら買おう」という時に使います。

 

④「bitFlyer Lightning」

④「bitFlyer Lightning」は、プロ向け取引所で、③と同様、取引相手は市場に参加している個人で、価格も個人間同士の需給によって変動します。

 

bitFlyer Lightningは、ビットコインの現物・FX取引になります。レバレッジが10倍までことができますので、少ない資金で、大きな金額を動かくことができますが。

ただ、狙い通りの方向に行かなけれれば大きな損につながりかねませんので、このサイトでは詳しくは紹介いたしません。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを安く購入する方法

ビットフライヤーで購入したビットコインを、すぐに別口座に送金したい方向け。(例えば海外取引所でアルトコインを購入したい)

①日本円の入金は、ご自身の銀行口座から、ビットフライヤーの銀行口座に入金する。

②入金が反映されるまで待つ。→詳しく知りたい方は、ビットフライヤーの入金Q&Aへ

③日本円の入金が反映されたら、手数料の安い「ビットコイン取引所」で購入する。

 

ビットフライヤーの中だけで、とにかく早くビットコインを買いたい方向け。

①日本円をクイック入金で行う。

②入金が反映されたら、手数料の安い「ビットコイン取引所」で購入する。

 

ビットフライヤーでビットコインを購入する時気を付けることまとめ

(1)クレジットカードによるビットコイン購入は手数料が7~8%と高いので利用しない

(2)「ビットコインの販売所」はビットコイン価格が高いので、「ビットコイン取引所」で購入する

(3)できるだけ安くビットコインを買いたいと思う人は、「ビットコイン取引所」において、指値注文をする。(ビットコイン販売所では、指値注文はできません)

———————————————
——————————
国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー
大手損害保険会社(第一生命)と契約し、ビットコイン保管のリスクも保障

ビットコインをはじめるならビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

——————————
———————————————