ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設

ビットフライヤーは、

国内最大のビットコインの取引所です。

ビットコインが話題になるにつれ、国内の取引所で口座を開設する方も増えてきましたね。

先日、テレビでビットフライヤーのCMが流れているのをみて、ついに仮想通貨の波がやってきたことを感じました。

 

では、ビットフライヤーの口座を実際に開いてみましょう。それほど難しい作業はございませんので、この手順にそってやっていただければ、大丈夫だと思います。

 

ビットフライヤーには、

「アカウントクラス」というものがあり、

クラスのランクによって、それぞれできることが違ってきますが、

口座開設自体は、非常に簡単にです。

 

口座開設に必要なもの

ビットフライヤー登録に必要なものを用意しておくと便利です。

1 ビットフライヤーに登録する「メールアドレス」

(色々なメールアドレスがあると思いますが、

確実に届くグーグルの提供する「gmail」での登録が安心です)

2 ビットフライヤーで使用する「パスワード」

(パスワードは、非常に重要です。

パスワードは8文字以上、30文字以下にしてください。

アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低2種類を使用して考えましょう。)

3 ビットフライヤーに登録する「銀行口座」

(ビットフライヤーに出入金するための口座になります。

普段お使いの銀行なら、どこでも大丈夫です。)

4 免許証またはパスポート

5 ご自身の顔写真を写すためのカメラ、またはスマホなど

 

ビットフライヤーへアクセス

まずは、ビットフライヤーのHPを開きます↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ここでは、パソコンでの登録方法を紹介します。

ビットフライヤーのトップ画面

1 事前に準備していただいた「登録用メールアドレス」を入力して、

「アカウント作成」をクリック

2 キーワード画面が出てくるので、

「登録用メールアドレス」宛に送られてきたメールを確認します。


3 登録用メールアドレスの受信ボックスを確認します。

「bitFlyerアカウント登録確認メール」という題名で受信があるのでクリック。

ビットフライヤーから「キーワード」が届いているので、

それをコピーします。

 

なお、見ながら入力するのは大変なので、

次のやり方をする方法が簡単です。

1 範囲選択をして、「Ctrl+C」でコピーする。

2 もしくは、範囲選択をして、右クリック「コピー」を選択してもOKです。

 

(※なお、受信したメールアドレスの画面は、この後パスワードでも使いますので、

そのまま、開いておくと便利です。)


4 先ほど、コピーしたものを貼り付けます。

やり方は、入力するスペースでクリックをして、

1「Ctrl+V」を押して貼り付ける

2右クリックをして、「貼り付け」でもOK。

その後、アカウント作成をクリックします。

 

アカウント作成をクリックします。

5 「ご利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」

「ビットコイン取引におけるリスクについて理解しました。」

「私は米国の異住者ではありません。」

すべての項目に同意して、「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

6これで、口座開設は終了です。ここまでですと、数分で完了してしまうと思いますが、

初期状態では、「スタンバイクラス」と表示されているように、取引が制限されています。

このままですと、ビットコインを購入するための日本円を入金できないので、ビットコインを購入できません。

 

そこで、ビットコインを買えるまでにしていきましょう!

6 まず自分用のパスワードに変更しておきましょう。

画面の右側の一覧から、「設定」から「パスワード変更」をクリックします。

 

7 2で送られてきたビットフライヤーからのメールに記載してある

「初回パスワード」を「キーワード」と同じ要領でコピーします。

8 「初回パスワード」を「現在のパスワード」に貼り付けます。

それから、「新しいパスワード」に準備の時に考えておいたパスワードを入力します。

そして、「新しいパスワードをもう一度入力してください」の部分にも、

同様に準備の時に考えておいたパスワードを、もう一度入力します。

終了したら「パスワードを変更」をクリックし、赤字で「パスワードを変更しました」と表示されれば完了です。

9 次にアカウントクラスをアップグレードして、ビットコインが購入できるようにしましょう。

右の一覧から、ホームをクリックして初期画面にもどります。

それから、アカウントクラスをアップグレードするをクリックします。

 

10 最初に携帯電話の認証を行います。

携帯電話認証をクリックすると次のような画面になります。

11 ご自身の携帯電話番号を入力しましょう。

そして、携帯電話認証をするをクリックすると、SMSメッセージが送信されます。

携帯電話のSMSメッセージに記載のある「認証コード」を入力してください。

(なお、SMSメッセージが登録できない場合は音声での確認もできます。

「携帯電話登録」のボタンの下。確認コードを音声で通知するをクリックしてください。

そうすると、ビットフライヤーから携帯電話に電話がかかってきます。

機械音で、確認コードを2回音声で教えてくれます。ただし、少し聞き取りにくかったです。)

12 携帯電話の認証が終わるとクラスが「エコノミー」にランクアップされます。

13 「プレミアムコース」になるためには、ご本人情報登録と、銀行口座入力が必要です。

 

(※)となっている部分は必須入力となりますので、それぞれ、間違いがないように入力していきます。

続いて、銀行口座情報を登録していきます。

続けて銀行口座情報を登録するをクリックします。

登録情報の入力は間違いないように、慎重に入力ください。

銀行名義が完全に一致しない場合は、認証されませんので、お気を付けください。

銀行口座登録が終わると、プレミアムコースとなります。

続いてご本人確認書類を提出します。

ご本人確認資料の提出を求められますので、画面に従って画像の添付をしていきます。

この写真認証が一番、差し戻しが多いところですので、慎重に行います。

特に、(1)提出書類とご本人が一緒に写っている写真は、

私も、一度差し戻しとなりました。どうも私の顔はばっちり映っていたのですが、

一緒に移した運転免許証がぼやけて、文字が見えなかったようです(´・ω・`)

①写真撮影は写真サンプルのように行います。

次の点に注意しましょう。

・画像内にご本人の顔と本人確認資料が同時に写っている。

・本人確認資料の文字、顔写真が明確に判別できる。(これが大変。画像をよく確認しましょう)

・顔は正面を向き、無帽で髪が瞳(目)にかかっていない。

・他の人が写りこんでいない。(写真を旦那にとってもらったんですけど、私の周りを子どもがちょろちょろして苦労しました(笑))

登録するのは、合計3枚

(1)は、提出書類とご本人が一緒に写っている写真

(2)は、確認書類(1)顔写真が写っている面

(3)は、確認書類(2)免許証の場合は裏面も、パスポートの場合は、住所記載の欄も提出する必要があります。

スマートフォンを持っている方は、スマートフォンで撮影したほうが簡単です。

画像ファイルを選択するボタンの横をクリックすると、

「スマートフォンで撮影」と出てきますので、クリックします。

そうすると、2次元バーコードをスキャンする画面が出てきますので、

スマートフォンで、読み取りましょう。

「QRコードリーダー」などのアプリがある人は、それを使って読み取ってください。

スマホにまだアプリがない方は、まずアプリをダウンロードします。

「QRコード」と入力して検索すれば、いくつか出てくると思います(^◇^)

 

読み取ると、URLが表示されるので、クリックします。

(画面は、アイフォンの画面です。)

 

それぞれの、写真のところをクリックすると、

この画面になりますので、写真を撮るで撮影を進めてください。

 

全ての書類を提出すれば、登録完了です。

トップページに戻り、画面の右下部分で、現在の確認状況を確認できます。

提出書類を出してから、すぐに結果が反映されるわけではありませんので、

少したってから、ホーム画面で確認しましょう。

もし、書類に不備があった場合は、ビットフライヤーから登録メールアドレスに問い合わせがあります。

 

以上、ビットフライヤーの口座登録と、アカウントクラスのグレードアップの仕方でした。

 

お疲れさまでしたm(_ _)m。